2007年03月16日

くちびるはあきらめてください

『これって本当? 4.1DDTで丸藤と男色ディーノがまさかの合体』

「4月1日に開催されるDDT後楽園大会の追加対戦カードとして、プロレスリング・ノアの丸藤正道&男色ディーノ組vsKUDO&マッスル坂井組の対戦カードが発表された。」


ディーノと合体…


おいおいおい!
“これって本当?”って、こっちが聞きたいですから、マジで。
大マジで!

「ちなみにエイプリルフール特別記念試合として行われるこの一戦。果たしてどこまでが本当なのか!?」


あ〜〜〜〜っ!!!
DDTだし(笑)、エイプリル・フールだし。
予想がつかんよ、ほんと。
4月1日まで、もんもんとして過ごすしかないわけだ…。
やってくれるなぁ、DDTさんは。

と、ここまで書いて気がついた。
ある意味、CIMA戦よりわくわくしてるんですけど、自分。

見てぇぇぇ〜〜〜〜!
ディーノとのコンビも、マッスル坂井との対戦も、すんごい楽しみ♪
じぇんじぇん想像がつかないから。
実現してほしいなぁ。
ああ。かなうことならライブで見たいぞ!くーっ。

しかしながら。
実現した暁には。
くちびるはあきらめてください…ね。最低限(笑)。
(誰に言っているんだ)


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 22:19| Comment(76) | TrackBack(6) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

ふたつのほし

願わくば。

ただ きらきらと。

輝き 照らし合う ふたつの星でありますように。


NOAHだとか

ドラゴンゲートだとか

背負うものなど何もなく。

お互いの “友達”のことだって ひととき忘れてもかまわない。

無心に遊ぶ

夢中で遊ぶ

ふたりの ちいさな 子供のように。


眩しい光を 惜しげもなく 降り注ぐ

天空高い ふたつの輝ける星

そのとき

世界は 彼らだけのもの

丸藤正道とCIMA

形になる夢は どこまでも 夢幻のままで…


4.28 NOAH 武道館大会
丸藤正道 & リッキーマルビン & 太田一平  vs
CIMA & 横須賀享 & アンソニー・W・森



★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

あにまるまるふじ

本店でも紹介したのですが、やはりMANIAとしてはこちらでも宣伝しなくては(笑)

いかした海猫屋さんオリジナル・のあのあアニマルキャラクターTシャツが、WEBショップにて絶賛発売中でございます。

ショップのサイトはこちらから。
海猫屋さんのブログにはこちらから。


第一弾として紹介されている中に、丸藤のアニマルキャラもありますよ。
どんな動物に変身しているかは(まだ未見の方は)見てのお楽しみ♪
…と思ったのですが、下に貼ってしまいました(爆)
ま、いっか。
実は。
この動物ではどうだろうか?というアイディアは、不詳わたくし・いいんちょーが出所…ということで。まぁ、思いつきだけですが(笑)。
それでもMANIAと名乗っている以上(最近怠け気味だけども)、ちょっとばかり面目は保たれたかと(えーっ?)

NOAHのTシャツのデザインのアレっぷりについては激しく同意される方も多いと思いますが、今回の商品は特に女性には嬉しいかわいらしさとサイズの豊富さがあります。
とりあえずは、サイトの方を訪問してみてください。
そして。
ぜひ購入を!…と海猫屋さんが言っておられます(笑)



★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 22:51| Comment(5) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

そんなこと言っていながら

武道館で丸藤とタッグを結成する田上さんは。
噴火どころか、とんとやる気が起こっていない様子。

「特にこれといった思いはない」
「(相手チームは)実力者だからキツそう」
「ベルトはおととしの暮れに獲ったときに燃え尽きた。年よりはキツいよ」

などと、相変わらずな感じです(笑)。
らしいっちゃらしいですが。
挙句に。

「丸藤が頑張ってくれる」
「若いんだから当然だろ!前に前に出てくれよな、ハッハッハ!」

ですと。

でもねぇ。
そんなこと言っていながら。
なんだかんだで、本番では美味しいところをがっちりさらっていきそうな気がするんだな。
それが田上さん(笑)。

丸藤&田上組。
すげぇ〜〜〜〜楽しみです! ぴかぴか(新しい)
posted by プロLOVE at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯サイトから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ぶっちゃけ

久しぶりの更新となりますが。
まぁ、ぶっちゃけ『ネタがない』と(笑)。

明日開幕ですけど、とりあえず真ん中辺で、うっすらとぬるい感じのカードでございまして、これといった期待感もなく…ええ。
武道館はかなり楽しみですけども。
これもぶっちゃけ“5大シングルマッチ”のどれよりも、丸藤の試合が面白そうと、こりゃMANIAだけでなく思ってるんじゃないかと推測。

ついでにぶっちゃけます(笑)。
今年も「ひなバトル」が行われるそうで、丸藤正道も『イケメン』として参加が決定。
けどねぇ…。
前から疑問なんですけど、丸藤って「イケメン」なのか、と。
いや、まぁ、「美」っていうのは人の感性それぞれなのは重々承知なんですけども。
ぶっちゃけ。
純粋な“顔の造作”から言うと、普通?
ただ。
“プロレスをしている丸藤正道”は、やっぱり「イケメン」と呼びたくなるのはわかります。
丸藤正道のプロレスはかっこいい!
プロレスをしている丸藤正道はかっこいい!
…そこからちょっと飛躍して。
丸藤正道はかっこいい!
丸藤正道は「イケメン」っていう構造なんだろうな。
や、どうでもいいんですけど。
個人的には、ヤツのことは『雰囲気イケメン』とこっそり呼んでおります(笑)。

開幕直前にこんなネタですみません。


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 23:53| Comment(5) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

リモコンを握り締める!

G+ノアコロで、昨年12月の丸藤(&石森)AAA遠征の模様を放送。
すっかり忘れてて試合途中から見たのですが。

「早送りしてぇぇぇぇぇ〜〜〜〜!」

倍速ぐらいで見てちょうどいいんじゃないかと思うぐらい、動きが遅いもので。
郷に入らば郷に従え。
あれがAAAのリズムなんだろうなぁ。
でも、なんか妙な具合で。
本人は悪者役が楽しそうだったけど。
石森くんもイキイキしてたな。絶対“意地悪”が地だと当方はにらんでおりますが。
さておき。
世界中のどんなリングでも、最高のパフォーマンスが出来てこその一流ならば、
丸藤正道もまだまだ課題があるってことだ。



★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 00:40| Comment(5) | TrackBack(1) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

きらきらひかる

どーですか、新コスチュームは!

??§??§??〓〓.jpg

金ぴかですよぉ。金ぴか。
いまどき…。
SUWAくんのラストマッチだというのに、一番派手だった男。
秋山さんもあきれてましたが。

何を言っているのかな。
ここは空気を読むところじゃないと自分は思うッス。
やりたいようにやってプロレスを去るSUWAくんと。
残ってやりたいようにプロレスを続ける丸藤と。
これでいいよ。

馬鹿馬鹿しいほど、きらきら、ぴかぴかひかる。
人を食ったような新コスチュームで、今年は楽しくプロレスしてほしいものです。


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》

posted by プロLOVE at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

スギ様の本命!?

タッグ王座を陥落して、“恋人”金丸とも少し距離を置くことにしたスギ様。
以前にちょっとだけ“浮気”した力皇と、今度はラブラブで〜と期待していたのですが、“浮気”は所詮“浮気”だよ〜んと身も蓋もないスギ様ではありましたがー“愛人”リキの辛い気持ちをわかってやれよ!(笑)―、まさか“本命”として丸藤が“ご指名”を受けるとは想定外。
「丸藤さんと組みたい。ベルト落として、何かを探している境遇が似てると思うから」
(昨年末の札幌でタッグを組みましたが)
「面白かったよ。オレもヘビーにパワーで負けるつもりはないし、丸藤さんもヘビーを凌駕するスピードとひらめき、テクニックを証明したわけで。ふたりの長所がうまく合体すれば面白いと思いますよ」
(では“本命”は丸藤さんということで?)
「うん。お互いイケメンでもあるし。」
「まぁ、丸藤さんと組むことで女性の声援が俺にも…っていうスケベ心は確かにあるのは認めるけどね…」

オチがスギ様らしいわけですが(笑)。
しかし、会場ではスギ様の名を叫ぶ女性の声援も多いと思うんだけどなぁ。
それはとりあえずおくとして。
確かに、札幌のタッグは面白かったし、パワー+スピード&テクニック、武骨と華麗。対照的で補完的な関係を築けそうなふたりではありますが…。
それがつまらないっちゃつまらないなぁ。バランスの良さがね〜逆に。
対ヘビー級路線から離れられないのもアレだし。
でも。
スギ様は「自分はパワー」みたいなこと言ってますけど、ひらめきの人でもあると自分は思っています。
“ひらめき”っていうのは、センスであると同時に、それを目に見える「形」にして表現できる技術があって初めて成り立つもの。その表現方法が、スギ様はパワー寄り、丸藤はスピードや運動神経寄りという違いがあるだけで。
そういう意味では丸藤との“ひらめき”タッグは、一見したバランスの良さを飛び越えた何かを見せてくれそうな期待もあります。
さて。
キャバクラ王者・スギ様の、本音が見えそうで見えないようで見えるようなプロポーズに、どう応える?


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 23:01| Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

すわっち!

1.10試合後、丸藤がSUWAくんの引退について発言。
「勝手にNOAHに乗り込んできて、勝手に引退発表して、自由気ままな男ではあるけど…そこまで自由にはやらせねぇ」
「そうだな…よし。武道館で直接ピンを取られるようなら、引退を撤回しろ」
(週プロ携帯サイトより)

メインとなるGHCヘビー選手権試合がもちろん一番の目玉となる武道館大会。
他にもジュニアタッグ選手権試合もあれば(頑張れ!コタビン!)、
秋山vs潮崎、佐野vs杉浦(面白そうだぁ!)、
おまけに田上vs橋まで!(色んな意味でハラハラドキドキ!)
今年最初の武道館は気合の入ったカードが並んでおります。
その中でセミにラインアップされたリキ&丸藤&KENTAvs高山&みのる&SUWA。
面子が豪華な割りには、正直「キモ」のわかりにくい試合だなぁ〜と思っておりましたが、ポイントできたな。
やっぱり主役はSUWAくんで。
引退するのがイヤになるように、プロレスをもっと続けていたくなるような、楽しく激しく気持ちのいい“プロレス”をプロデュースしてほしいと思います。
武道館までの道のりを含めて。


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯サイトから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

明けました!

Ж??????¢????.jpg

とっくに新年を迎えたわけですが。
NOAHの新年は本日を持って始まるということで。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、新年一発目の大会で、タッグマッチながらGHCジュニア王者であったKENTAからピンフォールを奪うという幕開けで、
『今年の主役は丸藤だぁぁぁ!』
といきなり熱狂させてもらったものでした。
その予感は裏切られることなく、まさしく2006年は丸藤正道の年となりましたが…。
正直、予想以上の活躍っていうか、なんていうか。
そこまでしなくても…っていうか。

KENTAとのジュニア戦から、田上さんとのシングルマッチ。
そして、小橋さんとのシングル。
この辺までは良かったんだけどなぁ。
丸藤プロレスの楽しさ、素晴らしさがいっぱいで、ワクワクさせられたものです。

けれど。
小橋さん欠場からこっち。
秋山さんのヘビー級タイトルに挑戦して、いきなり奪取。
海外での初防衛。
KENTAを挑戦者に迎えての、前代未聞、ジュニア選手同士のヘビー級選手権試合の実現。
そして。
師匠・三沢さんの挑戦の前に王者陥落。

個人的にはどの試合も面白かったです。
秋山さんとなら秋山さんと丸藤ならではの試合。
三沢さんとも、三沢さんと丸藤ならではの試合。
そんな風に思わせてくれる試合ばかりでした。
丸藤正道のプロレスの凄いところは、ストーリーを必要としないところだと私は思っています。
歴史も背景も何も関係なく。
リング上、目の前の「試合」だけで人をひきつける力が丸藤のプロレスにはある。
でも。
プロレスの“内側”では、時として試合がすべてじゃなくなる。
時間をかけなくては決して得られないものが必要になるときがくる。

誰が悪いわけでもなく。
様々な運命の交錯する渦の中で。
たまたまその渦に巻き込まれる場所に丸藤正道が立っていた。
誰もがまだ早いと思っても、止められるものではなかった。

けれども。
丸藤はただ受動的に「巻き込まれた」わけではありません。
むしろ、覚悟を持って自ら渦に身を投じていた。
そして、渦の中で溺れることもなかった…と私は思います。

溺れたのは、“私”の方です。

のびのびと、プロレスを楽しむ丸藤が好きで。
小さな身体で大きな荷物を背負う覚悟を持つ丸藤も好きで。
でも。
その二つの折り合いが、自分の気持ちの中でなかなかつかなかった。
2006年の後半はそんな感じでした。
三沢さんに勝たなくては意味がなかったとも思い。
一方で、ベルトを失ったことに安堵する気持ちもあり。
いまだ、折り合いはついていないのかもしれません。

しかし、まぁ。
どれもこれも、済んだことです!
幸い、年も改まりました。

MARUFUJIMANIAは丸藤正道のプロレスを楽しみながら追い続ける。
これしかございません(笑)。
というスタンスで今年も頑張りますので、良ければお付き合い下さい。

◆試合予定◆
1.7 ディファ有明
<第3試合>
力皇&丸藤&石森 vs 志賀・SUWA・ダコタ


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》

posted by プロLOVE at 14:21| Comment(5) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。