2006年01月30日

天才は天才を知りたい?

ああ…これは微妙だよなぁ〜というニュースが飛び込んできましたね。
“丸藤が初代タイガーとの一騎打ちを表明”
「ジュニアの原点といわれる男とシングルマッチで試合をしたい」
「何でも行動できる。タイミング的に今」
「ライブで見たことはないけど、ビデオでたくさん見た。自分がこの世界に入るひとつのきっかけとなった人間」
「プロレスルールでしかあり得ないような試合をしてみたい」
「こちらから出向いて戦いたい」

丸藤正道がこう大々的に誰かとの“シングルマッチ”を望んだのは、鈴木みのるさん以来かと思います。雑誌インタビューの中でとか、コメントの中でとか、いろんな人の名前をだしたりするけど、こういうのっぴきならない形での対戦表明はね。
そういう意味では…何か丸藤にとってどうしてもやってみたい「何か」が初代タイガーさんにはあるのかなぁと。
私もライブで見たことはないけど、ビデオで見て、あの人は本物の「天才」だと思ったくちです。
なんというか…時代とか環境とかに左右されない、プロレスがこの世にある限り、どんな時代のどんな好みのファンが見ても、初代タイガーの試合、というか「初代タイガーマスク」は凄いんじゃないかと思うんですよね。
そして、丸藤正道のプロレスもそういうものであるはずだし、今はまだ足りなくても、きっとそうなるはず。
時空を越える力を持ったプロレスの天才がふたり。
天才は天才を体感してみたいのかもしれません。

続きを読む
posted by プロLOVE at 23:34| Comment(11) | TrackBack(2) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

来週はROH特番

サムライTVのNOAH特番『NOAH’s ARK in USA』を見ました。
力皇、森嶋、KENTAと一緒に行ったアメリカ遠征の、まぁ、試合以外のプライベートな部分を紹介!みたいな番組でしたね。
「のあのあ」風な、寒中水泳大会とか、早食い競争とか、それなりに面白かったですけど、やっぱりプロレスラーは試合をしてるところが見たいよね…。
と、お嘆きの貴兄に(って自分だけど)朗報!
来週(2/5)はROHでの試合を放送ですよぉ〜!
今日見た人は知ってると思うけど、一応お知らせ。
元アメドラに負けた試合だけど、それはそれとして楽しみです。
見てない方に、サービスショットを一枚紹介して、今日は終了!

「あ〜んな」丸藤が見たい方はこちらから!
posted by プロLOVE at 23:37| Comment(8) | TrackBack(0) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

『モオツァルトは疾走する』

1.27朝日新聞「天声人語」より。
作曲家ロッシーニが「ベートーベンをどう思うか」と問われ「彼は偉大な音楽家だ」と応えた。それではモーツァルトはと重ねて聞かれると「彼こそ唯一の音楽家だ」と返事したという。

音楽評論家の吉田秀和さんは自著でこう語る。
「モーツァルトは最も純粋に音楽を書いた天才と考える人は、大勢います」
そして、モーツァルト20代の手紙の一節を紹介する。
「どんなに恐るべき箇所だろうと、音楽は決して耳をそこなうようになってはならず、やはり耳を満足させる、つまりどこまでも音楽でなければなりませんから」

われ、妄想す。
「丸藤正道は最も純粋に“プロレス”をした天才と考える人は、大勢います」
たとえば100年後の未来。
プロレス評論家の著書にそんな風に書かれる日がくることを。
どんな試合だろうと、けっして人をそらさない、観客を満足させる、つまりどこまでもプロレスであること。
丸藤正道は、プロレスのモーツァルトだと私は思うから。

天才を持ちながら、恵まれない生活の中で、それでもモーツァルトは己の魂からあふれ出すままに音楽を書き続け、その短い生涯を終えた。
聞く“耳”あってこその音楽ではあるが、本能のままに生み出すことが出来ただけ、モーツァルトは幸いではなかったか。
いくら天才を持っていても“プロレス”は自分ひとりだけでは生み出せない…。

『モーツァルトのかなしさは疾走する。涙は追いつけない』
と、文芸評論家の小林秀雄は彼の音楽を表現した。
それがどんな感覚を意味するのか、残念ながら私にはわからない。

ただ。
『丸藤正道の歓びは疾走する。驚嘆も涙も追いつけない』
そんな風であるように。
一緒に“プロレス”できる相手がたくさんいたらいいな…と思う。


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 22:42| Comment(6) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

見失っていたもの

ぽつぽつと、色んなブログさんを読ませてもらって発見したこと。

他団体のファンであったり、
普段あまりNOAHは観ないという、
「丸藤vsKENTA」という“意味”にニュートラルな人たちの反応。

試合はもちろんどこでも大絶賛。
特に、他団体のファンの方たちが、
自分たちのひいき団体でなぜこれぐらい凄い試合ができないか…と、
羨望の嘆きを吐露されているのを読むにつけ、
ああ、
やっぱり丸藤とKENTAは、私が思う以上に凄かったのだと。
そして。
ニュートラルな人たちにとっては、ほんとうに「勝ち負け」なんてどうでもよかったのだと思った。
それは。
ふたりの戦いそのものが、「勝敗」を小さなものにするほどの素晴らしさと感動をくれたからだろう。
これはとっても素敵なことだ。

結局。
勝ち負けに一番こだわっていたのは「私」なんだなぁ。

プロレスが好きな人なら誰でもひきつけられずにいられない。
選手に深い「思い入れ」なんかなくても、純粋に驚嘆し、感動できる。
こんな試合はめったにあるものじゃない。
なのに。
素直に拍手を送れなかった自分…。

「思い入れ」によって見えてくるものもあれば、
見失うものもある…。

プロレスファンて、大変だ!(笑)

★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 23:16| Comment(3) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

ダブル

もしも。

丸藤正道とそっくり同じ能力・思考を備えた丸藤正道のダブル(分身)が存在したとして、
丸藤正道 vs 丸藤正道“ダブル”
という対戦が実現したら…?

一瞬、
「すげぇ、面白そ〜」と思い。

次に、
「いや、未知の相手だからこそワクワクするのが丸藤だよな」と考え直し。

でも。
「丸藤がその全てをさらけ出さざるを得ない相手は、やはり丸藤正道本人ぐらいしかいないのだろうか」
などとも思い。

答えが出ない。

ぜひとも、丸藤正道本人に尋ねてみたい、
そんな質問。


…今日もオチなし(笑)


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

伸縮自在

いきなり謝ります。
昨日の続きじゃないんですよ(笑)

「プロレスは勝ち負けだけじゃない」と私も思うんですが、同時に、勝ち負けがあるからこそプロレスは面白いし、感動があり、ドラマが生まれるのだとも思います。
で。
そういう「勝負」ということになると。
強いから勝つ。
勝ったほうが強い。
いずれにせよ、「強い」というキーワードは欠かせないわけです。

同じ団体をしばらく見ていると、団体内のほとんどの選手がお互いに繰り返し繰り返し対戦するわけで、数字的な根拠はなくても、なんとなく、「この選手とこの選手ならこっちが勝つ」という判断がつくようになりますよね。
その判断は「格」なり、その時々の「状況」なりを含んで若干変化することもあるけれど、
なんとな〜く、個々の選手の「強さ」に対するものさしが、見ている者なりに出来ていくんじゃないでしょうか。
そのものさしでも予測がつかない試合が期待度MAXなんでしょうけど。

続きを読む?
posted by プロLOVE at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

明日の野望のために〜その@〜

昨日はお疲れ様でした。
けっこう長いオフなんでゆっくり休んでほしいもんです。

が。
ファンはそうもいきませんよ。
もうすでに、丸藤正道の明日はどっちだ?とか考えてるから(笑)

思い起こせば、あのいわゆる「下克上宣言」からこっち、
丸藤正道は常に、「未来のNOAHを引っ張っていかなきゃならない人たち」を引っ張ってきたと思うんですよね。
最初に反応してきた力皇と、ワイルドUでつながってついてきた感じの森嶋。
ジュニアヘビー級タッグのパートナーになったKENTA。
白GHCの挑戦者に指名したヨネ。

で。彼らの現状を見てみると、
正直、「NOAHを引っ張る」という意味で、モノになったのはKENTAだけじゃないか、と。

続きますよ〜
posted by プロLOVE at 19:54| Comment(5) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

輝きは色あせない

1.22 武道館大会
<セミファイナル>
GHCジュニアヘビー級選手権試合
【王者】KENTA○ vs 【挑戦者】丸藤正道×
(29分19秒 ブサイクへの膝蹴り)
※王者KENTAが5度目の防衛に成功

体が震えるような試合でした…。
この試合は、どうしても勝ってほしいと、勝たないと意味がないと思っていたけど、
終わってみて、
不思議とあまり悔しくも悲しくもない。
GHCタッグ王座を陥落したときのほうが、何倍も悔しかった気がする。

丸藤正道には丸藤正道にしかできないプロレスがあり、
私はやっぱりそんな彼のプロレスが大好きだ。
それがよくわかった試合だったと思うから。

誰とも違う輝きだから、みんなが「天才」と呼ぶ。
負けてもその輝きは色あせない。

けれど。
丸藤が今のスタイルのまま、誰にも文句を言わせない存在になるためには、やっぱり「勝利」が必要なのだろう。

今日は少し届かなかった…。

誰がなんと言おうと丸藤は丸藤らしく。
そのままで。
次は負けない丸藤にきっと「進化」していくはずだから。


応援は続く!


★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 23:11| Comment(7) | TrackBack(1) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星に願いを…





必 勝 !




これあるのみ(祈)



★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 01:02| Comment(4) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

秋山さんからのエールとプレッシャー

『秋山、“次期挑戦者”に丸藤指名』などという、刺激的な見出しがスポナビに躍っておりますが。

秋山さんは、
「丸藤のような選手が団体のトップに立たないといけない」
と実力を認め、武道館のGHCジュニア王者KENTA―丸藤戦を「意識するカード」と言う。
『必見!秋山社長の徒然日記』でも「マジな話!」として、
丸藤やKENTAが頑張っていること、ジュニアながらヘビーに挑戦しようとする志を、向上心があって素晴らしいと認め、逆に自分を含めた(社長、小橋さん、田上さんは別)ヘビー級の奮起を促しています。

続きを読む
posted by プロLOVE at 20:44| Comment(3) | TrackBack(1) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごめん…やっぱりでかいよキミは!

1.20 高知・高知県民体育館大会
<第6試合>
丸藤&ヨネ○&森嶋 vs 
スコーピオ&マルビン&ダコタ×

(14分26秒 キン肉バスター)

試合後のコメントをついさっき読んだんですけどね。
体調含めて上り調子という感じで、
「全てに勝ちますよ」
とコメント。
その後に「それくらいじゃないと勝てない」と続くあたりに、KENTAへのリスペクトが伺えますが。
やっぱり強敵!だとは思います。
単純な勝ち負け以上の色々な意味で。
だからこそ、絶対に負けてはいけない。
この辺りの話は「本店」に『私が丸藤正道に負けてほしくないと思う理由』という、すごくわかりにくい記事をアップしましたので(笑)、よければ読んでみてください。

もうちょっとだけ続く
posted by プロLOVE at 02:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯サイトから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

『天上の星』と『地上の星』

鈴木鼓太郎選手応援ブログ『Blue Days〜戦慄のブログ』のOrionさんからTBいただきまして、ひとりっこさんの『ひとりっこのひとりごと』ともご一緒に、NOAH系ブログとして、「ともに頂点を目指しましょう!」というエールを送られました。
だいたい我々のブログは登録しているランキングでいつも似たような順位を漂ってまして(笑)
Orionさんはさらなる高みを目指しておられるようですが。
いやいやいや。
うちはひっそりとこの辺りで。
見てもらえるきっかけになればとランキングには参加してますけど、基本的には丸藤ファンとして自分が大暴走するために、丸藤の軌跡を記録するために、そしてできれば、同じ丸藤ファンが気軽に遊びに来てくれる場所になれば嬉しいと思ってはじめたセカンドブログですから。
頂点なんて恐れ多い…。
と、思ったんですけどね。

仮にもスーパースターである(確定)丸藤正道応援ブログならば、
やはりそれなりの場所にいなくちゃまずいのか?

…なぁ〜んて、悩むふりをしてみる(笑)。

丸藤正道は「天上の星」
応援するファンは「地上の星」

地道にこつこつ頑張ります!


★地道に頑張る人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 01:06| Comment(4) | TrackBack(0) | MARUFUJIMANIAの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

今日はオフ…だよね?

1.17 大分イベントホール大会
<第5試合>
丸藤○&力皇 vs スコーピオ&マルビン×
(17分37秒 回転エビ固めを返して)


1.18 佐世保市体育文化館大会
丸藤○&力皇 vs 秋山&マルビン×
(12分39秒 不知火)


いや、NOAH公式見たら
『1月19日(金) 18:30〜 高知・高知県民体育館』 
って、トップページにでかでかと載ってるもので。
え〜っ!今日、試合あったっけ?
下のTOUR INFORMATION欄では、1.19は日程組まれてないんだけど…。
今日は(金)じゃなくて、(木)だし、単なる間違いですね。
一瞬、びっくりしましたが。
まぁ、どうでもいい話でした(笑)

なんか…こう。
不思議と思ってたほどテンションが上がってきません。
いよいよ迫ってきた武道館のこと、あまり考えてないです。
考え出したらえらいことになりそうなんで、自衛本能が働いているのかなぁ?
あ。
こんなこと書いてるとヤバイかも。
心の底で眠っている様々な想いをかき回してはいけません。
今はまだ…。
不整脈が出ますよ(笑)


★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦いの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

ひとりで一万人?

今週の『ノアのジュニアは最高です!』は丸藤の番。

音楽を聴くのがリラックス法という丸藤。
年末はサザンのコンサートで飛び跳ねてきたようですが(笑)、
ひとりで何千、何万という人間を会場に集めてしまう歌手のカリスマ性に感心しながら、
自分もそういう域に達したいと語っております。
「いろんな人が“プロレスってすげぇな”って思ってくれる世の中にしたい。やろうと思ってできることじゃないかもしれないけど、まずは1人で1万人集められるように頑張ります」

ひとりで1万人!?
小せぇよ、丸藤正道!
キミがひとりでドームを満員にする、
丸藤正道を見るために大勢の人がチケット買っちゃう、
そんな日がくると信じきってるMARUFUJIMANIAがいったいどれだけいると思っているんだい?
…知らないけど(笑)
ここにひとりは確実にいるぞぉ!

まぁ、「まずは」だからね。
一足飛びにはいかないから、「まずは」ひとりで1万人!
あと9999人集めてください(笑)

★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 00:06| Comment(13) | TrackBack(1) | 携帯サイトから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ありがとうニュース侍!

昨日の放送で1.15博多大会の映像が流れました。
ちょっとだけど。

ゴツゴツしたエルボーの打ち合い。
「ブサイク」食らって一回転。
パワーボムをDDTに切り返し。
などなど。

こんなえげつない合体技もいただきました…。

続きを読む
posted by プロLOVE at 20:49| Comment(3) | TrackBack(0) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

大牟田大会

1.16 福岡・大牟田市民体育館大会
<第7試合>
丸藤×&力皇 vs 小橋&本田○
(22分46秒 回転地獄五輪パート2)


おや、今日は多聞さんに丸め込まれてしまいました。
まだまだ修行が足りない?(笑)
なんかもう、一個一個の試合の勝ち負けはかなりどうでもいいです。
あと一週間。
その試合だけですよ…。

第3試合に出場したKENTAに、昨日のショックはなし。
「丸藤さんというより、当日はNOAHで一番優れた選手であることを、見ている全員に植え付けたい」
凄いなぁ…KENTAも。


★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 戦いの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

このまま突っ走る!

1.15 博多大会
<メインイベント>
三沢○&丸藤 (24分40秒 エメラルド・フロウジョン) 小橋&KENTA×

前哨戦は丸藤が勝利!
…といっても、タッグマッチだし、最後は三沢さんが決めたんですが。
でも、勢いとしてはいいですよ〜。

「このまま突っ走ってやりますよ」
「ここで前哨戦を勝って、タイトルマッチで譲るような、KENTAファンにとって素晴らしいストーリーを作る気はサラサラないから。全勝でいきますよ」


タイトルマッチの場合、前哨戦で勝ったほうが、本番では負ける…というのが「プロレスの法則」らしいですが、そんなもん関係ないっす!
どこまでも突っ走れ!!

<追記>
明日(1.16)のニュース侍!で、この試合のニュース映像が流れるそうですよ!加入してる方はお見逃しなく!!
(そういう自分が一番危ない…)


★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 21:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 戦いの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

駆け引きは始まっている?

1.13 愛知・豊橋市総合体育館大会
<第3試合>
丸藤○&力皇 vs 佐野&菊池×
(14分34秒 後方回転エビ固め)


携帯公式サイトの試合経過を読んだところ、
最後は不知火を狙ったところ、菊池さんにコーナーに押し付けられてかわされたものの、背後をとって後方回転エビ固めでクルリと丸め込み。
押さえつけながら、自らカウントを数える余裕のフォール勝ちを奪った…そうである。

なるほど〜。
開幕戦はKENTAをオースイでがっちり固めた丸藤。
技は違うけど、また油断してると固めちゃうよ!というデモンストレーションかな?とかちらっと思ってみたり。
もう駆け引きを含めた戦いは始まっているんだろう。

まぁ、明日(1.15)は直接ぶつかるわけですが。

★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 23:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 戦いの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

前哨戦というにはあまりに豪華な

1.15博多大会
三沢光晴&丸藤正道 vs 小橋建太&KENTA

前哨戦というにはあまりにも豪華なカードが決定しましたが…。
う〜ん。
正直、前哨戦はいらないんだよなぁ。
もう充分期待感はMAXだと思うし、「物語」は充分すぎるほどある。
一発勝負の緊張感がほしかった。

タイトルマッチがなければ、純粋にツボなカードなんだが。
丸藤&三沢組も嬉しいし、丸藤と小橋のからみも大注目。

武道館のことは忘れて観ますか!
いや、絶対無理だから(笑)。
まぁ、そもそもTV中継があるわけでもないし、知らんふりしとこうかな。
いや、それも絶対無理!

どないせいっちゅうんでしょうか…。

<追記>
すみません、嘘書きました(汗)
TV放送あります。『NOAH中継』で。G+しかチェックしてなかった…。
TVでやるなら絶対見ちゃうよ!

★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 22:36| Comment(6) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

越えられない人

本日1.11後楽園ホール大会にて、GHCジュニアヘビー級選手権試合の調印式が行われた。
コメントなどはスポナビへ!

「(KENTAは)僕が超えられない金丸義信を破ってチャンピオンになった。実力は認めてる」

丸藤をして「越えられない」と言わしめる金丸義信。
KENTAがチャンピオンとして、ひとつの「壁」である丸藤を挑戦者に迎えるように。
丸藤もチャンピオンになって、「越えられない」挑戦者・金丸義信を迎え撃って欲しいなぁ〜などと、1.22をすっ飛ばした妄想が…。
いかん、いかん。
まずはKENTA。
全力でいかなきゃ、応援も!


★彰俊さんも参戦している人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!
posted by プロLOVE at 21:53| Comment(6) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。