2006年06月26日

若きトップ4

7.16武道館大会のカードについての丸藤発言。
「古きトップ4が試合しちゃうんで、こっちは“若きトップ4”みたいな図式でやってみたいですね。そうなれば面白いかも。タイトルマッチも明らかにないような雰囲気なので」

そうなんだよなぁ。
ヘビー級のシングル、タッグのチャンピオンが高山の復帰戦に参加。
ジュニアチャンピオンの杉浦はヨーロッパ遠征で欠場。
ジュニアタッグは他団体。
7月の武道館はGHCタイトルマッチなしということになるだろう。

豪華な高山復帰戦という目玉があるからいい、というか。
なによりも、この試合を一番目立たせるようにしたかったのかもしれない。
NOAHの親心。
あるいはプレッシャー?

丸藤はプレッシャーをかけるつもりでいる。
メインの前に凄い試合をして、内容で上回って見せてよ?って感じで。

若きトップ4か。
NOAH的に普通に考えると、丸藤、KENTA、力皇、森嶋だな。
となると。
丸藤&森嶋vsKENTA&力皇か、
丸藤&KENTAvs森嶋&力皇
ってところだろうか。

まさか、シバケン登場なんてことは…ないよなぁ。
あっては困るのだが。

その柴田選手との今後について。
「う〜ん、まあ僕はいつ何時、どんな団体、スタイルの選手とでも試合はしますから。でも、KENTAと柴田選手が闘っても面白いんじゃないですか?お互い人にどれだけイヤなことをしているか判るかもしれないし(笑)」

そりゃ、いいや(苦笑)。
でも、マジな話、KENTAと柴田選手は一回戦ったほうがいいと思うんだよ。
そこで通じ合ってこそ“ソウルメイト”なんじゃないのか?
ってか、“ソウルメイト”なんて名乗ろうと思わなくなるんじゃないのかな。
そんな言葉はいらないっていうか。

★地道に頑張る人気blogランキングへ←「天上の星」の輝きのために一日一回クリック・プリーズ!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 00:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 携帯サイトから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソウルメイトとぬかす前に、一度とことん蹴り合え!(心の叫び)

若きトップ4…
丸藤&KENTAvs森嶋&力皇だったらちょっと凄いな。モリシ、今いい感じで乗ってるから面白いというか怖いというか…ってかリキを「若き」に入れるには微妙なラインだがなぁ。GHCのベルト巻いてるのに、なんだか立ち位置が曖昧。最近そこんとこコッソリ心配してます。
このままでいくと小川は詰め込まれるな…トオイメ
Posted by 海猫屋 at 2006年06月26日 18:18
携帯の丸藤のコメントを見た時ドキッと
しました。三沢他・・・年だからみたい
言い方に取れたんですが、たしかにそう!
なんですけど、認めたくないというか
言ってしまったらおしまいかな?と。
しかし、常に先を見ている丸藤もエライ
とも思ったんですよ。武道館のポスター
を見ている丸藤は携帯の待ちうけに
しました。
Posted by かめはめ波 at 2006年06月26日 19:35
◆海猫屋さんへ
>とことん蹴り合え!
同感でございます、激しく。

森嶋は一時はどうなることかと心配しましたが、次第にいい感じなはじけ具合になってきたようで、これからが楽しみです。ただ、ヨネがなぁ…。
丸藤&KENTAがもし復活するとしたら、結局こういう形になるんじゃないかと思うわけです。今回やる意味があるかどうかは別にして。
小川さん…ジュニアタッグのベルト取り返して下さい。でも、武道館に他団体のチャンピオンを呼びつけるわけにはいかないですね〜(涙)

◆かめはめ波さんへ
丸藤は、いつまでも「上」に頼っていてはいけない。彼らが安心して休めるように、自分たちがNOAHを支えていかなくてはならないという気持ちが強いですよね。やはり身近で彼らの激闘を見て育ってますから…。とはいえ、三沢さんも小橋さんも簡単にひっこむような人たちじゃありませんから!これから数年は若手・ベテラン、どっちにとっても勝負ですね。
Posted by いいんちょー at 2006年06月26日 23:51
KENTAは柴田と闘うべきだと思います。
柴田は丸藤より、手が合いそうで、いい試合になるかもしれません。
Posted by サンダーリップス山本 at 2006年06月27日 08:30
◆サンダーリップス山本さんへ
丸藤は誰とでも「いい試合」できますよ?(にやり)
KENTAと柴田選手はほんとうに”ソウルメイト”なのか?闘ってみないと本人たちにもわからないんじゃないでしょうか…と自分は思ってます。
Posted by いいんちょー at 2006年06月27日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。