2005年07月12日

やっぱりボクはベビーフェイス

7.11G+ノアコロを観る。
丸藤&みのる選手のGHC奪還欧州遠征記を、丸藤自らの解説でたっぷり放送。
楽しかったです。
鈴木みのる選手のブログでも紹介されていた、
オーストリアの、トップロープが胸までしかないリング。
地上波でも放送しましたが、高山選手ばりのトップロープ跨いでのリングイン!
また映ってました。
今度は明らかに、ノーフィアーのテーマを口ずさんでいるのがわかりましたね。
そこは気持ちよさそうでしたけど、試合はやりにくそうでした。
ロープ低いし、張りがゆるゆる。リングはかなり狭いし。
いつもやる、エプロンサイドからトップロープ越しに落としてくるエルボードロップも、
ロープがびょんびょんゆれるので、かっこよく見えないし。
第一、危なっかしい。
ただ。
入場時には、子供のファンが歓声上げて群がる群がる!
たいそうな人気でした。
その映像を見た丸藤が、
『やっぱりボクはベビーフェイスですね(笑)』と。

どんなスタイルでも、
どんな国でも、
かっこいいものはかっこいい。
そして、かっこいいものはみんなが応援する「ベビーフェイス」。
丸藤正道、天性の「華」は万国共通。

なんですが。
丸藤自身は、自分の試合の模様を自分で解説するという経験をしてみて、
『いつもかっこつけているんですけど、こうして見ると、あんまりかっこよくないですね』
とおっしゃってましたね〜(笑)
『リングインにしろ、立ち方ひとつにしろ、いつもかっこつけてるんですけどね』
『もっと、かっこよくしなきゃダメですね』
特に、子供がかっこいい!と思うようにしたいというようなことを言ってました。
自分的には丸藤のこういうところがかなり好きです。
プロレスラーはかっこよく!
かっこつけるためには強く!
実にわかりやすいじゃないですか。
プロレスは「戦い」であり、観客に見せる「芸術」でもある。
どっちの面にもシビアであろうとする丸藤は、若いけれど「プロ」だと思っています。

欧州3日間で5試合(含む、GHCタイトルマッチ)の旅。
どこの国でも、
どんなリングでも、
どんな相手でも。
丸藤正道は丸藤正道。そして、鈴木みのるは鈴木みのる。
それで伝わるのがプロレス。
どの会場も大いに盛り上がっていたのが、全てを語っているでしょう。

東京ドームに向けて、少々落ち込みがちだった気分が明るくなりました。
やっぱり丸藤は、自分にとっても、どこまでも『ベビーフェイス』!?

★丸藤証言によって、欧州移動中の鈴木みのる選手が「さるげっちゅ」三昧だったことが、改めて裏付けられました(笑)
みのるさんも、素敵だ!


人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》

posted by プロLOVE at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
2号店開店おめでとうございます。

>みのるさんも、素敵だ!

とってつけたような締め文句。素敵です。(笑)
Posted by YOKOHAMA☆LINER at 2005年07月12日 01:39
支店開設、おめでとうございます。
(本店、支店…、もうひとつはどういう位置どり?)
コアな丸藤ネタ満載のブログにしてください。
同士が集まる事をお祈りします。
私も時々、お邪魔させていただきます。
Posted by 風民 at 2005年07月12日 13:57
そこまで「狂」だったのかと、引かれているのではないかと心配です…。まぁ、自分でもどうかと思うのですが(笑)
言い訳させてもらうと、こちらはやっぱり「記録」的意味合いが強いです。以前から文字起こしなど、丸藤関係の記録をこつこつためていたのですが、例のPCぶち壊れ事件で全てパーに(涙) PCデータの管理に気をつけるのはもちろんとして、こういう形でも残しておけば少しはいいかなと。データ収集してる時点でおかしいっちゃ、おかしいのか(爆)

一応、順番からいって「2号支店」ってことで。
細く長く続けられるようぼちぼちやっていきますよ。
ヒマがあったらちょこころねと遊びに来てください。えむほど、面白くないですけど(笑)
Posted by プロLOVE at 2005年07月12日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。