2005年11月30日

ジグソーパズルは完成しない〜久しぶりに「丸藤正道」に挑戦!〜

★かなり「いまさら」な『丸藤派?KENTA派』で本店に記事アップしたので、転載します。


先週号の週プロ(1290)中綴じにて、丸藤&KENTA特集が組まれていました。
『丸藤派?KENTA派?』と題されたコーナーでは、NOAHのトップ選手たちや週プロ記者、そしてファンがふたりの魅力と可能性について語っています。
私はもちろん丸藤派。これは躊躇なく即答。
けれど「それは何故?」と訊かれると。
う〜ん…とうなってしまうのです。
なんて答えたらいいんだろう?

続きを読む
posted by プロLOVE at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プロLOVEより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

前向きに!

本店『プロレスLOVELOVE愛してる』より転載です。

10.28大阪大会
<GHCヘビー級タッグ選手権試合>
王者・丸藤正道× &鈴木みのる vs 挑戦者・森嶋猛 &モハメド ヨネ○
(30分02秒 キン肉バスター→体固め)
※森嶋&ヨネが第11代王者になる。

「物語」はすでに始まっていた。
王者組の脚本・主演による、
『余裕たっぷりな傲慢“ちびっこ”王者と、黙って耐えてる“気は優しくても力持ち”な挑戦者』


続きを読む
posted by プロLOVE at 00:36| Comment(3) | TrackBack(1) | プロLOVEより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

冒険の旅は八年目へ突入!

1998年8月28日。
愛知県岡崎体育館。
三沢光晴のアドバイスで緑のショートタイツを着用した18歳の若者が、
初めてプロのリングでプロレスの試合をした。
入門からわずか5ヵ月半という異例のスピードで、
金丸義信とのデビュー戦を迎えた彼は、
8分39秒の“初冒険”のあと、
「思った通りの試合ができなくて…。練習とは、全然違いました。デビューは嬉しいは嬉しいですけど、これからが心配ですね」
と、初々しい反省のコメントを残した。


ただ、楽しくて飛び回っていた時期もあり。
ケガと長期欠場に苦しんだ時期もあり。
天才と呼ばれ、
その名にふさわしく、なんでも軽々とこなしているように見えながら、
おそらく人一倍プロレスを考え、地道な努力も怠らなかった彼は今、
それでもやっぱり涼しい顔をして、小さな体でヘビー級のベルトを巻いている。

でも、これだってまだまだほんの通過点。
丸藤正道。
どこにもない「自分だけのプロレス」という、でっかいお宝を探す冒険の旅は、
今日から八年目に入る。


★本人気にしちゃいないでしょうが、今日はデビュー七周年記念日ってことで。
おめでとう!そして、プロレスラーになってくれてありがとう!



※「本店」から同日転載です。
ってか、ほんとはこっちで公開が筋だったな。


人気blogランキングへ←丸藤正道を応援している同志の方、よかったらトラースキック一発お願いします!

《本店【プロレスLOVELOVE愛してる】へはここをクリック》
posted by プロLOVE at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | プロLOVEより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

もう『天才』と呼ばない

まず、これらの言葉を読んで欲しいと思う。

なにかを続けることは、はじめることよりも難しい。
人間って楽したい生き物だし、今の世の中には選択肢が山ほどある。
好きなことをして生きていくのは楽しいし、途中で挫折することもあるけど、
続けることでもっと好きになることもあると思う。


好きなことを楽しめている人も最初からそうだったわけじゃない。
色々な障害を他り越えて、それでも好きだったから続けていられるんだよ。
目指すものへの気持ちがどれだけ強いかが、大きく影響するんだと思う。
(丸藤正道&KENTA『心打』より〜【想いの強さ】丸藤正道)


『諦める』という言葉が俺は嫌いだ。
すぐに諦めてしまう人を見ると自分のことじゃないのにイライラしてしまうんだよね。
俺は昔から目指そうと思ったことに集中して努力してきたし、
欲しいと思ったものは意地でも手に入れてきた。
将来の夢でも誕生日に買ってもらうプレゼントでも、
せっかく“なりたい”“欲しい”っていう気持ちがあるのに妥協するなんて考えられない。
『好きなことをやりなさい。でも自分で決めたなら一生懸命やりなさい』
親からはずっとそう言われてきたし、今もそれが当たり前だと思っている。
(【妥協なんてしない】丸藤正道)


続きを読む
posted by プロLOVE at 00:31| Comment(1) | TrackBack(0) | プロLOVEより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

丸藤正道の”DESTINY” <<作成日時 : 2005/06/04 >>

昨日深夜、急に見たくなって、丸藤正道vs鈴木みのる戦をDVDで観戦した。
すでに何度も見ているのに、やっぱり面白い!
展開を知っているにもかかわらず、手に汗握るのは何故だろう?

ずっと、丸藤正道には注目していたけれど、MARUFUJIMANIAを自称するほど、この選手に思い入れるきっかけは、今思えば、この鈴木みのる戦だ。
なんだ、ずいぶんキャリアの浅いMANIAなんだな、と自分でもちょっと驚く。

試合自体ももちろんだけど、試合にいたるプロセス。
これにやられた。

「今、俺は凄い戦いたい相手がいます。鈴木みのるです。俺とシングルで勝負しろ!」


続きを読む
posted by プロLOVE at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プロLOVEより転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。