2005年08月17日

2003年のマルケン「漫才」最終回

★いよいよ最終回です。


『ボケとツッコミ』 (2005/8/29配信)

M:(口笛で)ピュ〜〜〜
-KENTA選手へ質問です。『かっこいい髪型ですが、美容室はいつも決まってるんですか?』
K:はい。決まってます。
M:あの三丁目の角を曲がったところだろ?
K:近所っぽいですね〜。
M:バーバー佐藤だろ?
K:なんでそんな床屋チックなんですか!
M:アルコールOKだっけ?
K:酒飲みながら散髪!どんなに酒好きなんですか?!
-丸藤選手への質問です。『不知火の技の由来ってありますか?』
M:ない。なんか感じで、東洋チックな名前つけたかったんですよ。わかります?
-わかります。あんまりない名前ですよね。
M:最近、横文字が多いじゃないですか。スーパースター・スティーブだとか。
K:それは技の名前じゃないじゃないですか!外国人だからしょうがないんです。
続きを読む
posted by プロLOVE at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

2003年のマルケン「漫才」K

『10年後の2人』 (2003/8/27配信)

-10年後ってどうなってると思いますか?
M:10年後。34歳。うーん。
-KENTA選手は?
K:僕の場合、32ですね。杉浦さんと同じぐらいですね。
M:バリバリだよな。杉浦さんはあの歳でバリバリになってきた感じですからね。でも自分にも厳しい人。そういうところは見習わなきゃいけないかなと思います。
K:そういう話じゃないでしょ。
M:10年後のKENTA?肝臓いかれてるでしょ(笑)
K:酒飲んで?
M:肝臓いかれてる。それと、白目が少し黄色くなってる。肝臓が悪いせいで。
K:体にガタがきてるんじゃないですか。
M:たぶんタバコも始めて、吸い過ぎで歯も爪も黄色くなってる。あとね。腹筋もまるでなし。
K:32でですか?!
M:あとは片手に一升瓶持って入場してくるでしょうね!
K:一升瓶を…。
-そんなキャラになっているんですか?タイツの『蹴』という文字は…?
M:もちろん『酒』(笑)
K:!!
M:お酒の神様にバッカスというのがいるんですけど、実はバッカスKENTAっていう名前にするところまで俺の計画は出来てるんです。会社にも言ってあるし。
続きを読む
posted by プロLOVE at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

2003年のマルケン「漫才」J

『酒飲み』 (2003/8/25配信)

-2人で格闘技を観戦しに行ったりはしないんですか?
M:ないね。誘ってくれないもん。『丸藤さんキックボクシング見に行きましょうよ』なんてないもん。
K:誘ったら行くんですかって話ですよ。
M:行かないけど…。暇だったら行くけどね。
-丸藤選手も忙しいと思いますが。
M:俺は忙しくないよ。KENTAが忙しい。いっつも朝まで飲んでるでしょう。
K:酒飲みじゃないって言ってるじゃないですか!
M:日曜とか起きるのも昼過ぎですからね。
-お酒の趣味は?
K:本当に好きじゃないです。
M:芋焼酎。
K:勝手にお気に入りのを決めないで下さい!
続きを読む
posted by プロLOVE at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

2003年のマルケン「漫才」I

『丸藤、特技は物真似』 (2003年8/22配信) ※取材は7月下旬

-次のシリーズまでの過ごし方は?
M:練習ですよ。1に練習2に練習。3,4がなくて5に寝る。KENちゃん、オフに何してるのか分からないね。
-KENTA選手はどうするんですか?
K:とりあえず、今月は体を休めてですね、また来月から試合前まで集中してトレーニングをして次の試合に臨みたいなぁって。
M:秋田もあるからなぁ。
K:すいません、僕が話してるんで…。
M:あれもあるからなぁ。
-次の質問です。丸藤さんから見てKENTA選手の見習いたいところってあります?
M:いや、でもそれはね、何に対してもまじめに突き通す、その姿勢。素晴らしいですね。プロレスからプライベートまでも。人を裏切ることなく、まじめに。
-逆にここを直して欲しいところは?
M:直して欲しいところ?もうちょっと酒を控えて欲しいね。
続きを読む
posted by プロLOVE at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

2003年のマルケン「漫才」H

★もたもたしてると次期シリーズが始まってしまいます(汗)。
 今回は映画の話という、ある種「時事ネタ」なんで古いとちと辛いかも。



『おすすめ映画情報』 (2003/8/20配信)

-映画なんですけど、最近、丸藤選手映画は観てますか?
M:映画は観てねぇなぁ〜。
-シリーズ中に宿泊先で映画を観たりは?
M:エロビデオ?
-エロでもいいですよ。
M:エロは観ないですよ。面倒臭ぇ。
-映画とか観ないんですか?
K:(急に笑う)映画…、ああ違いました!
M:なに?いきなり?!
K:人間違いでした。全然、映画嫌いなキャラじゃないですもんね。間違えました。
M:誰と?
K:僕の友達でした。
M:おい。おい。おい。
K:すいません。なんでそう思っちゃったのかな?
M:間違えて俺を突っ込もうとしたのか?映画ねぇ、俺ね映画館あんまり行かないんですよ。ツタヤとかで借りたりしますけど。
-一番新しいところで観たのは?
M:そうだなぁ。う〜ん。『シュレック』。一昨日シュレック観たんだ何故か。
続きを読む
posted by プロLOVE at 14:06| Comment(1) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

2003年のマルケン「漫才」G

『KENTAの私物』 (2003/8/18配信)

-ここからプライベートのお話です。最近の音楽事情をお聞きしたいんですが?
M:最近ね、凄く歌詞のないように共感しているのはエミネムかな。歌詞がいいね!
K:分かってないですよ歌詞のことなんか。英語ですから。訳す力なんかないですよ。
M:エミネム知ってます?
-知ってますよ。映画もご覧になりましたか?
M:映画観てない。あの歌詞がいいんですよ。自分勝手でわがままな奴の歌詞がハートビートに響いたね〜。
-エミネムの中で具体的にはあの曲がよかったってありますか?
M:やっぱりなんだかんだいって彼は母国を愛しているね〜。
K:そんなこと聞いてないですよ。そんな質問じゃないです。
M:母国を愛してるよね。エミネムと並ぶのが…、BEGIN!
K:全然違うじゃないですか!
M:沖縄ソングが好きですね〜。沖縄系ソングが。
-ずいぶんと幅広いですね。
M:エミネムから沖縄まで。
-BEGINの新しいCDか何かを買ったんですか?
M:買ってないね。
K:中途半端ですね全部。
続きを読む
posted by プロLOVE at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

2003年のマルケン「漫才」F

『はじめまして』 (2003/8/18配信分)

-お互いをどのように見ているか?一番最初に出会ったときの印象と言うのを聞かせてください。
K:日焼けしてましたね。
-丸藤さんがですか?
K:僕、入門テストだったんですよ。その時、来てたんですよ。手伝いか何かで。
M:手伝いって!
K:お手本的な感じです。志賀さんと一緒に来てて。
-丸藤選手と志賀選手が?
K:あ、丸藤さんだって。
-そのテストの時に初めて会ってるんですよね。
K:そうです。会ってるというか見た。
M:俺ね、何十人かいた中でね、なぜかこいつのブリッジを覚えてるんだよ。こう俺たちがいて社長とか並んでて、その前にザーッと並んでんだけど、一番左にいたんですよ。
K:そうです。端っこの方です。
M:綺麗なブリッジしてたんですよ。一匹だけ。
K:いやいやいや。
-一匹ですか?
M:綺麗なブリッジしてて、いいブリッジするなぁと。そのときから僕の目には入ってましたね。
続きを読む
posted by プロLOVE at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

2003年のマルケン「漫才」E

お待たせしました!(ん?待ってない?)
マルケン「漫才」の続きをどうぞ〜。



『野球に詳しいのはどっちだ!?』 (2003/8/13配信分)

-丸藤選手はどれくらい野球を知らないんですか?
K:どれくらい知らないかっていうか、全然知らないですよ!
M:全然知らないっていうか、野球って何?みたいな(笑)。でも、長嶋とか王ぐらいは知っているよ。
K:ちょっと古い世代ですね。
M:長嶋と王と田尾はしってる!これぐらいは知ってるよ。
K:…。
続きを読む
posted by プロLOVE at 00:38| Comment(4) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

2003年のマルケン「漫才」D

★また、間に小ネタが入りましたが、マルケン漫才の続きです。


『酒好きはどっちだ!?』 (2003/8/11 第5回配信分)

-お酒はどうですか?どっちが強いとかありますか?
M:俺は…。
K:これはもう大変ですよ!
M:俺はお手上げ。
K:飲ましたら凄いですよ!
M:いやいや。全然飲めないし、飲まない。(KENTAを指して)この人、飲みすぎ。
K:意味分からないですよ!!
-NOAHの選手の中では一番飲めない?
M:俺はそれぐらいの勢いですね。でもこいつは陰で、社長ぐらい飲んでますよ!
-社長はそんなに飲むんですか?
M:社長は相当のもんですよ。KENTAにはほんと、『やめとけよ!』って言ってるんだけどね…。
-どれぐらい飲むんですか?
K:いや、僕は全然飲めないですよ(笑)
M:一升瓶が…。
K:全然飲めないです!
M:次行きますか!
-ユーザーからの質問です。それぞれ彼女はいますか?という質問ですけど。
続きを読む
posted by プロLOVE at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

2003年のマルケン「漫才」C

★次のシリーズまで長いですね(ため息)
早く丸藤の「新しい」試合が見たいなぁ。
「今」の丸藤が「いちばん」の丸藤だから…。
といいつつ、その「今」をあれこれ想像するには、「過去」もやっぱり欠かせません。
ので、オフを利用しての『2003年のマルケン「漫才」』も連載続けます。



『今後のプラン』(2003/8/8配信分)

-チャンピオンチームとして今後のビジョンを聞かせて…、丸藤さん、聞いてます?
M:聞いてます。考えてるんですよ!
-チャンピオンとして、次にこのチームとやりたいというのは?
M:このチームとやりたいっ!?
-NOAH内のチームでもそうですし。
M:カネスギコンビもモデモガコンビも強力なコンビですから、そこを避けてまで他団体とやると言う風にはいかないかもしれない、やはり。だからそこら当りは気になるところだなぁと。後は彼らの出方次第ですかね。防衛しないでずっと持っていられたら楽だろうにな〜。
続きを読む
posted by プロLOVE at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

2003年のマルケン「漫才」B

『GHCジュニアタッグトーナメント決勝』(第3回配信分)

-決勝のライガー・村浜組戦。振り返ってみてどうでした?
M「どうだった?」
-どうでしたKENTA選手。
K「僕的には満足してますけど、丸藤さんがいて心強かった。トーナメント全体を通してですけど。」
M「だけどね。あの試合はね、テレビとか観てもらうと分かると思うんだけどね…、こいつが重要な鍵を握ってるんだよね(KENTAを指差し小声で)」
K「何で小声なんですか(笑)!!」
M「いたるところで、こつがいい具合で入ってきてるわけですよ。」
-それは作戦だったんですか?
M「作戦じゃないですよ。こいつの天性のものですよ。それは、ハハハハハッ(笑)」
K「何でそんなに笑ってるんですか!」
M「ほんとにポイントポイントでね、重要な役割を果たしてくれた。」
-それをKENTA選手は意識して?
K「いやべつに。結果的にって感じで。」
M「そういうものがないとね、勝てないでしょう。あ・うんの呼吸っていうと古い例えになるけど、まぁ相手が素晴らしかったからいい試合になったと思うし。」
-もう一度やってみたいという気持ちは?
M「何度でもやりますし、何度でも勝ちますよ。」
続きを読む
posted by プロLOVE at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

2003年のマルケン「漫才」A

『GHCジュニアタッグトーナメント2回戦』(第2回配信分)

-高岩・佐々木組。高岩選手とは丸藤さんは戦っていますけど、佐々木選手と初めての対戦ですが?
M「まだあの人、21(歳)とかだよね。コメント読んだら『若い2人にやられたのが悔しい』って俺たちより年下じゃねえかって!!」
K「そうですよね。『もしかしたら実は!?』なんて…。」
M「お前、歳ごまかしてるだろうって!」
K「うっかり興奮して言っちゃったみたいな。あとでこっそり反省してると思うけど。」
-レスラー歴は長いんですよね。戦ってみてどうでした?
M「熱い男だったねえ。一生懸命さが伝わる良い選手でした。」
-高岩選手は?
M「あの人は俺がどうこう言う選手じゃないですよ。何度やっても素晴らしい選手でございます。」
-KENTA選手は?
K「そうですね。高岩さんはやっぱり向き合ったときの雰囲気とかも違うし…。」
M「ちびまるこちゃんのおじいちゃんみたいな。『まる子や』って。」
K「顔はそうですけど、それは関係ないとして。やっぱりすごい素晴らしいです。僕が言うのもなんですけど、またやりたいなぁって。」
続きを読む
posted by プロLOVE at 02:16| Comment(1) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

2003年のマルケン「漫才」@

東京ドーム大会から5日ですか…。
まだまだ余韻浸り中で、腑抜けている感じなんですが、
気分変えて、プレイバック企画でいってみます。

2003/7/16
丸藤&KENTA組は、GHC初代ジュニアタッグ王者決定トーナメントで優勝。
初代王者につきました。
ほんとに、今回のドーム大会のちょうど2年前ですね。
あっという間だなぁ〜、2年なんて。
今ではコンビも解消(一応)。
でも。
KENTAはジュニア王者。
丸藤はヘビー級タッグ王者。
ふたりともベルトはしっかり持ってるところがやっぱり凄いな。
また、似合うし(笑)。

別に、「過ぎ去りし日々」を懐かしむわけでもないのですが、
やはりマルケンタッグは名(迷?)コンビだったことは確かで、
丸藤にとっても重要なチームだったし、う〜ん、多分今でも重要なチームだと思うので、
とりあえず“第1章”の記録は残しておきたいと。
NOAH携帯公式サイト『格闘魂』コラム“檄”NOAHにて、2003年8月に配信された、初代GHCジュニアタッグ王者になりたての、ふたりのインタビューを載せてみました。
まぁ、単純にふたりの「漫才」が面白いので、読んだことない人は読んでみてください。
続きを読む
posted by プロLOVE at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー記事(2003) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。